最初のうちは仮想資金でトレードをした方がよい

「FXに興味はあるけれど、最初はちょっと不安…。」、そのようにお考えの方も多いようです。もちろん実際のお金を使っての取引なので、慎重に考えることはとても良いことだと思います。しかし、考える事だけにあまり長い時間を使うのは感心できません。ことFXに関しては、調べるよりも実際の取引に触れて見るほうが格段に早く感覚が掴めます。

ただし、それはとにかく早く取引を始めるべきという事でもありません。FX取引を提供する多くの業者でFXデモトレードサービスを導入しています。無料ですぐに始めることが出来るため、ぜひこちらを利用してみることをおすすめします。

FXデモトレードとは、仮想マネーを使ったデモ取引口座を作ることで、各FX会社の提供しているFX取引を体験できるサービスです。会社によってはデモトレードと呼んだり、バーチャルトレードと呼んでいますが、つまりそのFX業者での取引を無料でお試し下さいということですね。

FX業者が提供している取引ツールにはそれぞれ個性があって、取引スタイルによって色々と使い分けることができます。短期トレーダーなら約定力を重視したり、WEBブラウザからログインするタイプのものなど様々。トレーダーのニーズによって必要なツールは異なるので各種FXのトレードツールを試してみる必要があります。

これまでモバイルでFXを行うとしたら、携帯電話からの取引がメインで、FX専用の携帯アプリを利用しての取引が主流でしたが、最近ではスマートフォンで場所を選ばずサクサク取引できるようになりました。各社ともFX専用iPhoneアプリFXのAndroidアプリから簡単にトレードができるように無料でアプリケーションを提供している業者がほとんどとなってきました。それぞれの搭載機能を比較できるFXのiPhoneアプリ比較サイトを見ると、今人気のアプリはGMOクリック証券が出している「iClickFX」というアプリです。このアプリを筆頭に、FXのiPhoneアプリはPCとなんら遜色ない機能ばかりが詰め込まれているので、仕事の合間や通勤途中などちょっとした時間にも高度な取引を楽しみながら行えます。

最新型のタブレットPCからFXを行おうとするトレーダーも出てきました。FXトレーダーから「リラックスしながら取引できる」と評判なのが、やはりAppleが開発したiPad。現在ではiPadからFX取引をするのがステイタスでもあり今のところの主流となっています。

FX業者の良さを見分けるにも役立つ

デモ取引と言っても、取引時に提示される為替レートや取引コスト、条件などはリアルトレードと同様に設定されています。一部制限がある場合もありますが、チャートやテクニカル分析機能も利用可能です。使用するお金が架空のお金である点以外は、ほとんど実際の取引と同じという環境なので、FX取引がどんなものなのかを勉強するには持って来いのサービスです。

デモトレードで試してみる事は、FX取引をはじめようかどうか悩んでいる方にもおすすめですが、FX業者を選ぶ際にも非常に役に立ちます。各FX業者の提供するサービスや取引ツールを生で使ってみることで、その業者と自分の取引スタイルが合っているか、使いやすいと感じるか、機能的には充分なのか、など参考にする事ができます。