コストを抑えるためにも約定力は優れている業者を選ぶ

FX取引業者を選択する時にまず最初に気にするのが取引コストについてではないでしょうか?現在ではほとんどのFX業者で手数料が無料となっているので、取引時に掛かるコストとは基本的にスプレッドを指します。スプレッドについては狭いほうが望ましいのは事実なのですが、そこだけに注意していると思わぬ落とし穴にはまってしまうかも知れません。

実際のFX取引時にはスプレッドを見ながら売買注文することになります。その時に、提示されているスプレッドで注文クリックを押したはずなのに、そのレートで注文が確定出来なかったり、価格が変わってしまう(すべる)現象が起こります。このような現象をスリッページと呼ぶのですが、スリッページが頻繁に発生してしまうと、せっかく基本のスプレッドが狭くとも狙ったレートで注文が行えないため、実質は提示されていたはずのスプレッドより大きなスプレッドを払っているようなものです。

理想のFX会社選びをしよう!

そこで、重要になってくるのが約定力という要素です。約定力とは、FXトレード時にスリッページの発生を抑えて、注文したレートで取引を確定させる力の事です。スプレッドは狭いが約定力の低いFX業者とスプレッドは広いが約定力の高いFX業者で取引してみると、意外にも後者の方が取引コストが安くなったりする例も見られます。

FX業者を選ぶ時にスプレッドだけを見ながら考えている方が結構いらっしゃるようです。約定力でも比較しながらFX業者を見ておくと良いでしょう。できれば、スプレッドが狭く、なおかつ約定力の高いFX業者が理想なのは間違い無いですけれどね。