円高・円安が企業に与える影響とは

円高・円安にはそれぞれメリットとデメリットがあります。円高の場合、輸出メーカーは輸出代金が減少することになるために損をし、逆に輸入メーカーは円ベースでの購入原価が減り、得となります。

一般消費者はどうなるかをみると、円高差益の還元があれば、モノを安く買うことができます。また、海外旅行に安く行けることにもなります。こうした現象は、物価の安定にもつながっていくことにもなります。一方で機関投資家は海外資産が目減りします。機関投資家の契約者は一般消費者ですから、これは一般消費者にとっても損といえます。

円安の場合は、円高の場合と逆になります。輸入業者は余計に支払うことになり、輸出業者は円ベースでの輸出金額が増えていきますので、潤ってきます。円高・円安にはそれぞれ良い面と悪い面を抱えていることになります。

また、基本的には円高は不況につながりやすいと考えられます。輸出企業は自国通貨が上昇すると自国通貨の手取りが減少することになり、その不足分を補うためには価格の引き上げが必要になります。ところが、価格を引き上げるということは価格競争力の低下を招くことになりますから、その会社に与える影響は小さくありません。それが全体に影響し、景気の悪化につながるというのが、円高が不況を招きやすい背景になるのです。