最近取りざたされる為替介入

ここ数年、テレビのニュース等で「為替介入」や「日銀介入」というような言葉を目にするようになりました。「為替介入」と「日銀介入」はどちらも同じことを意味しています。

「為替介入」とは、通貨当局が外国為替市場において、為替相場に影響を与えることを目的に、為替の売買を行うことを指します。日本においては、財務大臣が、円相場の安定を目的に実施する手段として捉えられています。「為替介入」は財務大臣の権限によって、日本銀行が代理人となって実施します。(それゆえに「日銀介入」などと呼ばれることがあるのです。)

為替相場が急激に乱高下すると、企業の業績に悪影響を及ぼし、ひいては日本経済に悪影響を及ぼすことになります。その為、財務大臣は自らの権限により為替相場が急激に乱高下しないように、円高ドル安の場合は「円売りドル買い」の介入を実施し、円安ドル高の場合は「円買いドル売り」の介入を行い、為替相場の乱高下を防ごうとするのです。

「為替介入」は日本銀行単独で行う場合と、他国の通貨当局と協力して行う場合があります。前者を「単独介入」と言い、後者を「協調介入」と言って区別することもあります。「為替介入」の実施状況については、毎月月末に財務省から発表されています。